オリーブオイルとピーナッツオイルで美肌とアンチエイジング

シンプルなスキンケアとは

スキンケアはシンプルな方がいい?

ほてりやかゆみ、痛みやかぶれなど肌の弱い人はこんなことに悩んだりしていると思います。

それは年齢と共に、お肌のバリア機能が低下しているためなんです。

通常お肌には外的刺激から守るバリア機能があります。それを維持する細胞間脂質という肌保湿成分が減少すると水分も減り、更にバリア機能が低下します。

原因は様々ですが、改善としては正しいスキンケア、体内からお肌の調子を整える良い食材を与えることで少しずつ改善していきます。

ケアし過ぎや間違ったお手入れが肌トラブルの原因になっていることも

ケアのし過ぎで必要以上に皮脂を取ってしまい乾燥してしまったり間違ったお手入れで肌にダメージを与えてしまったりしてしまうと乾燥肌や敏感肌、肌が弱くなってしまいます。

クレンジングや洗顔に時間をかけすぎてしまったり、必要以上にゴシゴシこすって皮脂を摂り過ぎてしまったり毎日マッサージ・パック・ピーリング、化粧水など強いパッティングなど間違ったやり方をしてしまうとみるみるうちに肌が傷つき刺激を感じやすい肌になってしまいます。

シンプルに肌トラブルを予防するなら保湿だけでなく洗顔とセットで考えるべき

肌トラブルには勿論保湿でカバーしてあげることも大切です。
しかし、いくら保湿に力を入れたとしても、洗顔できちんといらなくなった皮脂やホコリなどの汚れを取ってあげないと意味がありません。

しっかりその日1日のメイクや汚れを洗顔して落としてあげることも肌トラブル予防には必要なことになります。

洗い過ぎが肌トラブルになる理由

先ほども言いましたが、ゴシゴシ擦って洗う、水や熱すぎるお湯や時間のかけ過ぎにより肌トラブルを起こしてしまいます。
成分なんてものは長くて覚えられないしよくわからないと思います。

使われがちな成分で、アルキル・ポリオキシと付くものは有害性の高いものなので肌が弱い人は避けるべき成分です。

おさらい。洗顔と保湿。スキンケアそれぞれの役割

  • 基本的なスキンケアは紫外線などの外的刺激から肌を守り肌内の潤いを維持する
  • 洗顔の役割は1日ついた空気中のホコリやアセ、皮脂などの水溶性の汚れを落とす
    (メイクした、しないに関わらず、毎日洗顔をする必要があります。)

保湿の役割は化粧水は美容成分を与え次に使う乳液などの浸透を高めサポートし、乳液は肌を柔らかく保ってくれて、美容液は有効成分を肌に届けてくれる役割を持っています。

保湿は無理なく何より続けること。ライン使いvsオールインワン。どっち?

これは難しい質問になります。

こっち?と断定することは出来ません。
お肌や生活習慣は1人1人それぞれ違うためどちらがいいということは判断出来ません。

お肌にも厚さや水分量、皮脂量、それぞれ異なりますよね。なので合う合わないがあるのも当たり前です。

スキンケアで大切なことは本来持っている肌の力を高めてあげるかが大切です。

トライアルセットなどを試してみたりして経過をみてあげたりするのがいいかもしれませんね。

→化粧水感覚で使える!ラフィージュエクストラリッチローション

→簡単美容!オリーブやピーナッツオイル編編はこちら